より充実した音楽体験

音楽は人生をさまざまな形で豊かにしてくれる。音楽体験プログラムは、ライブ、再生、録音、ストリーミングの音楽を最適化するために特別に設計された独自のアルゴリズムを使用しています。

すべての音に感動を

音楽体験プログラムがあれば、音楽を演奏しているときでも聴いているときでも、顧客は高品質で正確、かつバランスの取れたサウンドで一音一音を味わうことができます。バーナフォンは、卓越した音楽体験を提供してきた長い歴史があります。そして、お客様の音楽体験をより良いものにするために、常に成功を積み重ねています。

優れた音質

これまで補聴器ユーザーは、音楽を聴く状況に応じて2つのプログラムを必要としていました。音楽体験プログラムは、そのすべてを1つの専用ソリューションで行うため、お客様はあらゆるタイプの音楽体験に簡単にアクセスし、対応することができます。このプログラムは、スマートサウンドプロセッシングのリアルタイムかつ高精度なサウンド分析により、音楽を最適に処理します。

バランスの取れた音楽体験

スマートサウンドプロセッシングとの組み合わせにより、独自の音楽アルゴリズムがあらゆる種類の音楽をより透過的に増幅し、正確なサウンドを再現します。独立した圧縮方式を採用し、音楽サウンドの幅広い周波数とダイナミックレンジを増幅する。これにより、音楽の正確さと音色が保たれ、より豊かなサウンド体験が可能になる。

低域が伸びた豊かなサウンド

音楽体験プログラムは、80Hzまで増幅し、より深い低音を耳に伝えることができるようになりました。アップグレードされた低周波エンハンサーは、音楽ストリーミング時の音質と精度を向上させるために最適化されています。

ミュージシャンが音楽体験の優れたパフォーマンスを確認

この難易度の高いユーザーグループの85%が、標準的なスピーチプログラムよりも音楽体験を好んだ。生演奏、録音、ストリーミングの音楽を聴くときにより好まれている。そして、音楽の音色、楽器の認識、楽器のイントネーションが改善されたため、音楽を演奏する際に好んで使用した。*2021: バーナフォン社(スイス・ベルン)で取得した臨床研究データに基づく

「今まで聴こえなかった指の位置による小さな違いが、やっと聴こえるようになった。特に高音域で、楽器の音が格段に良くなりました。音楽がより暖かく豊かに聞こえます。」

- ミュージシャンの臨床研究からのフィードバック

Andreas Schmid, recreational viola player from Bern, Switzerland.

アンドレアス・シュミット、スイス、ビオラ奏者

「音楽プログラムが一番好きです。自分の楽器や指揮者の音がよく聞こえるようになるのです。」

音楽はなぜ重要なのか?

研究によれば、音楽には人々のウェルビーイングに影響を与える力があるという。ある種の雰囲気を作り出し、リスナーの感情に影響を与える。音楽は過去の記憶を呼び起こし、人々をリラックスさせる。音楽がポジティブな効果をもたらすという研究結果もある:

... リスナーの気分を高める1

... ストレスを軽減する2

... 記憶を刺激する3

  1. Schaefer H. E. (2017).音楽が喚起する感情に関する最新の研究。Frontiers in neuroscience, 11, 600. doi:10.3389/fnins.2017.00600
  2. Collingwood, J. (2016, May 17).ストレスを軽減する音楽の力。Psych Central.https://psychcentral.com/lib/the-power-of-music-to-reduce-stress#1。
  3. Diaz Abrahan V., Shifres F., Justel N. (2019).高齢者における音楽活動からの認知的メリット。Frontiers in psychology, 10, 652. doi:10.3389/fpsyg.2019.00652

音楽をより楽しむためのフィッティングのエキスパートになる

音楽体験プログラムは、音楽を最適に処理するための専門的知識に基づいて開発されています。とはいえ、このプログラムには、ユーザーのニーズに合わせてカスタマイズできる柔軟性があります。ミュージシャンは特に、微調整を加えることで恩恵を受けることができる。Oasisnxt のフィッティングソフトウェアで「音楽体験」を調整するためのヒントと手順をご覧ください。

補聴器における音楽処理方法のパイオニア

バーナフォンは、生演奏を処理し、聴覚障害を持つミュージシャンのために補聴器技術の利点を最大限に生かすことで、成功を収めてきました。バーナフォンで働く研究オーディオロジストは、長年この分野で定期的に発表しています。

  • Hockley N.S., Bahlmann F., & Chasin M. (2010).生演奏をより楽しくするための補聴器プログラミング。The Hearing Journal; 63(9) pp.オープンアクセス
  • Hockley N.S., Bahlmann F., & Fulton, B. (2012) Analog to digital conversion to accommodate the dynamics of live music in hearing Instruments.Trends in Amplification 16(3) pp.オープンアクセス
  • Chasin, M. & Hockley, N. S. (2014).補聴器を通して増幅された音楽のいくつかの特徴。Hearing Research 308, 2-12.購入する
  • Chasin, M. & Hockley, N. S. (2018).第40章 補聴器と音楽:いくつかの理論的および実践的な問題。In Bader, Rolf (Ed.)Springer Handbook of Systematic Musicology pp. 841-853
  • Springer-Verlag Berlin Heidelberg.購入する
  • Lesimple, C., Simon, B., & Tantau, J. (2020).Fitting Hearing Aids with Musicians [Bernafon White Paper], www.bernafon.com